知的作業にタブレットをノート代わりにおすすめ

PCの入力装置に、キーボードが使われ続けています。
その後のマウスの登場と共に、今後も使い続けられるでしょう。
一方、これらの入力装置を使いこなせない人のためにとか、もっと人に優しい方法をなどの理由で、指先や音声による入力方法が研究・開発されてきました。そして、2010年に、アップル社のiPADが、タブレットの商業化に成功しました。


これを成し遂げた天才のスティーブ・ジョブスの功績には計り知れないものがあります。
彼の入力装置への関心がとても高いものだったと想像されます。

現在、タブレットは、デスクトップPCやノートPCの補完として使われる場合が多いですが、本来の利用方法や進化の方向性は、従来型のPCとは違うところにあるはずです。

教えて!goo情報が探せます。

キーボードのタイピングは練習を必要とします。そして、すでに用意された大量のデータを入力する場合には、効率的です。



人の創作活動において作りだされるデータは、大量ではないし、断続的なものです。


高速で効率的な入力よりも、入力に負担にならないことを優先すべきでしょう。
人がノートに鉛筆でデータを記録する方法は、手軽でストレスはありません。

もし、ノートに語りかけながら、鉛筆で記録してゆけば、声を出すことで脳を刺激し、より創造性が高まることが期待されるので、おすすめです。

単に物事を記録し、計算することを目的とした従来型のPCの時代から、創造的創作的な活動を補助する道具としてのタブレットの進化が期待されます。


特に、幼児にタブレットを与え、情操教育に役立てることは必須の流れで、おすすめです。



そしてまた、高齢者が過去の経験やその知恵をタブレットにより次世代に伝える道具としての利用がおすすめです。